【沖縄軍用地 普天間飛行場】現地に行けない方へYouTube

【沖縄軍用地 普天間飛行場】
■■ 物件URL1(ここをクリック) ■■    548万円
■■ 物件URL2(ここをクリック) ■■  ,002万円
■■ 物件URL3(ここをクリック) ■■  6,636万円
■■ 物件URL4(ここをクリック) ■■ 15,731万円
■普天間飛行場■
1.施設の管理及び用途
(1)管理:海兵隊
(2)用途:飛行場
2.施設の概要(平成25年3月末現在)
(1)所在地:宜野湾市(字宜野湾、字野嵩、字喜友名、字新城、字伊佐、字大山、字真志喜、字大謝名、字佐真下、字神山、字赤道、字中原、字上原)
(2)施設面積:4,806千m2
(3)地主数:3,818人
(4)年間賃借料:6,953百万円(平成24年度実績)
(5)駐留軍従業員数:208人
3.普天間飛行場
同飛行場は、米海兵隊第3海兵遠征軍の第1海兵航空団第36海兵航空群のホームベースとなっており、ヘリコプター部隊を中心とした航空機が配備され、在日米軍基地でも岩国飛行場(山口県)と並ぶ有数の海兵隊航空基地となっています。また、同施設には、長さ約2,800mの滑走路をはじめ、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所等のほか、福利厚生施設等があり、航空基地として総合的に整備されています。
宜野湾市の中央部に位置する普天間飛行場は、地域の振興開発の著しい障害となっているだけでなく、航空機騒音の発生や航空機事故の危険性など、沖縄が抱える米軍基地問題の象徴ともいえる存在です。平成8年12月のSACOの最終報告により、同施設の全面返還が日米間で合意され、平成14年7月、「キャンプ・シュワブ水域内名護市辺野古沿岸域」がその移設先に決定されています。