【沖縄軍用地 泡瀬通信施設】現地に行けない方へYouTubeで

【沖縄軍用地 泡瀬通信施設】

 

■泡瀬通信施設■

1.施設の管理及び用途

(1)管理:海軍

(2)用途:通信

 

2.施設の概要(平成25年3月末現在)

(1)所在地:沖縄市(字泡瀬、字高原)

(2)施設面積:552千m2

(3)地主数:690人

(4)年間賃借料:668百万円(平成24年度実績)

(5)駐留軍従業員数:4人

 

3.泡瀬通信施設

沖縄市の泡瀬半島の先端部に位置し、通信業務が行われています。 泡瀬漁港に近接しており、北側には中城港湾が位置します。 また、同施設周辺は近年、新興住宅地として急速に宅地化が進んでいます。 さらに、南側の海浜においては、中城湾港泡瀬地区開発事業(東部海浜開発事業)に基づき、海に開かれた国際交流リゾートや海洋性レクリェーション活動拠点等の形成を図るため、平成14年3月より埋め立て事業が実施されています。