【沖縄軍用地 嘉手納弾薬庫地区】現地に行けない方へYouTube

【沖縄軍用地 嘉手納弾薬庫地区】
 

■嘉手納弾薬庫地区■

1.施設の管理及び用途

(1)管理:空軍・海兵隊

(2)用途:倉庫

 

2.施設の概要(平成25年3月末現在)

(1)所在地:恩納村(字真栄田、字山田、字塩屋、字宇加地)うるま市(字栄野比、石川山城、石川楚南)、読谷村(字喜名、字座喜味、字長浜、字長田、字親志、字牧原、字大湾、字伊良皆、字比謝)嘉手納町(字久得)沖縄市(字白川、字御殿敷、字倉敷、字知花、字大工廻、字宇久田)

(2)施設面積:26,585千m2

(3)地主数:4,669人

(4)年間賃借料:10,806百万円(平成24年度実績)

(5)駐留軍従業員数:287人

 

3.嘉手納弾薬庫地区

北部訓練場、キャンプ・ハンセンに次ぐ広大な面積を有する嘉手納弾薬庫地区は、嘉手納飛行場に隣接する広大な森林地帯に位置し、弾薬庫と支援施設があります。 同施設は、空軍が管理し、米軍が使用する通常弾薬の貯蔵、整備を行うなど、四軍全部の任務を支援しています。近隣には、嘉手納飛行場と読谷補助飛行場があります。